西表島から届いた島の便り
2015年8月4日 | スタッフブログ

10ヶ月前に西表島よりマングローブの種が届きました。種と言ってもマングローブの木の分身みたいなもので、20~25センチくらいな棒状のものです。
高い所から落下するのでそのまま柔らかい砂に突き刺さるか、流れ着いて運良く居心地のよいところで発芽するということです。
何れにせよ亜熱帯の環境で育つ植物の種が秋の松山に来たからといって発芽の見込みは???所が窓際の陽射しが当たるところで冬を越し、春を通り越し、まさかまさかの双葉が出現しました。何という生命力でしょう!感動ものです。まあ、松山の夏も西表の夏に負けないということですかね。

20150804-161441-58481434.jpg

20150804-161440-58480937.jpg

おまけに、我が家の僕ちゃんは水遊びが大好きで、変な顔になろうが御構い無しでこの暑さを乗り切る姿を紹介します。

20150804-162147-58907264.jpg